読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々が勉強 放送大学で勉強!

放送大学で勉強しています

読書記録『ビブリア古書堂の事件手帖7 栞子さんと果てない舞台』

 

 ビブリアシリーズの最終巻。ビブリアシリーズ最大の試練という感じ。栞子の祖父母などルーツが明らかになった。

 この本全体として、本に対して異常な執着心がある。智恵子(栞子の母親)が姿を消したのも本が原因で、思えば栞子と大輔が出会うことになったのも本が原因だった。私は本が好きだけど、本のために犯罪を犯したりすることは理解できなかった。本といってもただの本では意味はなく、より古い、より作者が書いたものに近い、または作者が手元に置いていたなど、作者を追い求めている。

 全ての元凶となった栞子の祖父である久我山について語られていたが、彼が古書に対する欲の塊だと言うことしか分からなかった。

 最終刊だがまだスピンオフという形もあるそうで楽しみ。